« | トップページ | »



今年3回目の釣行へ 
エンジン快調、天気も  港に着いた時にアジK様は出航準備中でした。

アジKさんを目指して沖へと向かいます 

Img_0002_2

沖へ出ると南西の風が少し有り波も高くなってきます。

富士山が綺麗 

Img_0004_2

沖へ向かう途中、アジKさんを探しましたが見当たりません 

仕方なく、沖の緑ブイを目指して 

ポイントは、手前の赤ブイとこの緑ブイの線上の中間地点、水深38m位です。

Img_0005

丁度、線上の中間地点の水深35m位で反応を発見 

沖の遊漁船の船の流れを見て、アンカーを降ろしましたが、何時もの通り狙ったポイントに止まりません 

Img_0005_2

流れを確認する為アンカーロープを固定して反応を見たら、魚探に が一杯 

早速、仕掛けを降ろすと即2匹掛け  

でも、型は20cm位 

しかし、ここから約3時間入れ食いが続きます。

Img_0006

一服する暇も無く、昼飯も落ち着いて食えないくらいに竿先が突っ込みます  

この調子なら、職場とW君へのお土産と思い、2本の竿を出そうと準備するにも、中々出来ません。

やっと、2本目の竿を出す事が出来ました。

Img_0008

住友重機方面を見ると、アジKさんが居ました。(黄○)

Img_0009

近くには、修理中  の第七艦隊の船が居ます。

弾薬を搭載している時は、海上で修理するそうです。

Img_0010

釣行開始から約1時間、生簀の中にこんなにアジが 

南西の風が有り波がたっているので、船の上には立てず適当にシャッターを切りました。

Img_0011

1時ころSさんが来ました。

このころになると波も穏やかになってきました。

Img_0012

Sさんも早速アジを釣り上げ 

お土産には十分と思いながらも、仕掛けを降ろすと  
中々、釣行を止められません 

最後のコマセを詰めて、これが無くなったら沖揚がり ・・・
その最後のコマセで5匹くらい追釣して14:00ころ港へと戻りました 

Img_0013

数を数えながら生簀からクーラーBOXへ移す時と ・・・ 
68匹も釣れていました  ・・・ 自己最高です 

しかし、これだけを捌くのは大仕事 

帰宅後、早速ツマミの刺身とナメロウを、娘宅への塩焼き用と刺身を捌き、10数匹の調理終了 ・・・ この時点で、波に揺られた腰が 

晩酌の量を少し抑えて、夕飯終了後に干物用に25匹捌いて塩漬けに、残り25匹は明日W君宅へ届けます ・・・ この分だけでも捌かないので腰も助かります 

« | トップページ | »

コメント

大漁ですね。

投稿: ファイヤーマン | 2016年3月11日 (金曜日) 13時22分

==========
Mr.ファイアーマン
お久しぶりです。
そうなんです大漁でした 
最近、お会いしませんが出ているのですか
これから、暖かくなってくるので釣行を増やしましょう 
==========

投稿: トシ | 2016年3月13日 (日曜日) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »