« | トップページ | »

Pa235632_2

今日もダメ!朝8:30ころの様子です。
昨日から想定はしていたので、あまりショックではありません。

でも、スミイカ、イイダコ、オオアジそして真鯛を釣りたかったのに!

俺には、海がダメなら山が有る!

今年初の自然薯堀に行きました。
これは自然薯堀に行く途中港へ行った時の様子です。

さて、これから山へ行こうとした時に、鋸を忘れた事を思い出し自宅へ戻りました。

Pa235634

最初のポイントです。

ここは去年行った場所です。
http://kikuchi876.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-c283.html

今日は婦人警官は居ませんでした。

良い自然薯のツルが有りますが、ここは石だらけ!
でも今年初の自然薯堀を開始しました。

Pa235635

出てきました、まあまあの自然薯!
でも、やっぱり石に阻まれ途中で断念です!

Pa235636_2

別の場所に太いツルを発見!

当然石が有る事を承知で掘りましたが、芋はたったのこれだけです!

自然薯も石に阻まれて、成長が出来ずここで止まったみたいです。

Pa235637

この場所を諦め、三浦半島で一番高い山(242m)、大楠山へ向かいました。

しかし、早速ツルを発見して藪に入り芋堀開始しましたが、木の根っこにぶつかり、鋸をリュックから出そうとしたら有りません。

バイクに忘れたと思い掘るのを中断して、バイクまで戻りましたが有りません!

きっと、さっきの所に忘れたんだと思い、自然薯の所に戻りましたが、今度はその場所が見つかりません!

バイクに戻る時、一応目印となる大木と枝を記憶していましたが・・・!

やっと場所を見つけ、木の根っ子は根性で切断しましたが、自然薯はあまり大きくなく途中でちょん切って終わりとしました。(右の太い白っぽいのが根っ子です)

Pa235638

暫く山(ハイキングコース)を歩き、ハイカーと挨拶を交わしますが帰って来る言葉は、

「何をしているのですか?」 → 「自然薯堀です」

「掘れました?」 → 「全然掘れません」

結局、1時間くらい歩きましたが、掘り易そうな所に自然薯は無く腹も減ったので、今日は自然薯を諦め帰る事にしました。

自宅を出る時、女房に「今日は娘、孫達に食わせるから!」と言って出ましたが・・・今日の夕飯は、冷凍保存しておいたサバの竜田揚げとアジフライそして自然薯の予定でした。

途中、見渡しの良い所でコンビにのお稲荷3個を食べましたが、ビールはありません。

ビールを飲んだら芋は掘れません、疲れがドット出て来るためです!

Pa235639

相模湾佐島辺りと思います。

Pa235641

お稲荷3個を食べてお腹は満足ですが、気分は不満足です!

しかし、神様は俺を見捨てませんでした!

Pa235642_3

お稲荷を食べている時近くで人の声が聞こえたので、帰りに行って見ると、自然薯を掘っている人がいました。

しかし、ハイキングコースのすぐ脇です。
挨拶を交わし「この辺で掘っても大丈夫ですか?」と聞いたら「ちゃんと掘った穴を埋めておけば大丈夫だよ!」と心強い返事が返ってきました。

結構良い自然薯を掘っていました。

早速俺も、さっき太いツルを見つけたハイキングコース脇の掘らなかった場所に戻り掘り出したのがこれです!

ここの場所は、周りに竹も無くすぐに芋堀が出来ます。

Pa235643

久しぶりに満足のいく自然薯です。

後は、途中を折らずに取り出すだけ!

Pa235644

 無事折らずに掘り出す事が出来ました!    

Pa235645

真ん中に垂れ下がっているのが掘った自然薯のツルです。

右の道はハイキングコースです。
こうなると、エンジンが掛かります。

辺りを見回すとまだあります。
ここで小さいのを3本追堀し、帰りに最初の山に寄り無事鋸も見つけ満足して帰宅しました。

Pa235647

今日の収穫物です。

帰りに港へ寄ってきましたが、今朝と同じ様子、明日は釣行出来るかな?釣行したい!

これから、自然薯を調理しますが晩酌が楽しみです。

Pa235648

泥を洗い流したところですが、こんな形の良い自然薯は初めてです。

Pa235649

量も十分、全員でたっぷり食べられます。

早速、一番上の孫が摘まんでますが、まだこの時点では何も味は付いていません。

Pa235651

今度は、一番下の孫が手伝ってくれています。

この時点では、沸騰した濃い目の味噌汁のダシを入れて芋を煮て、生卵2個が入っているので味は付いていますが、まだおろしたブツブツがあるので、さらにすりこ木棒でかき回します。

Pa235652

すり鉢に残った芋は、ご飯と混ぜてトロロ丼です。
サバの竜田揚げ、アジフライも食卓に並びました。

Beerline   

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »